(日本語) 会社を知る(日本語) COMPANY

(日本語) 夢をかたちに
人と技術の調和を築く

Sorry, this entry is only available in Japanese.

(日本語) 橋本電機の技術

(日本語) 当社では木材加工設備・自動車生産設備などを、豊富なアイデアと高い技術力で開発することで
お客様にご満足いただき信頼を築き上げてきました。
企業づくり、人材づくりすべてが調和することで更に進化する当社は、今後もお客様の発展に貢献いたします。

(日本語) POINT01

(日本語) 共同製作

(日本語) 目的を果たすために必要な機械の形状を設計する機械設計担当者、機械をどのように制御し動作させるかを設計する電気設計担当者。
当社ではその両者が同じフロアで仕事をしており、最も効率的で安全に生産できる設備をCADで設計し、自分達のアイデアを表現していきます。例えば「このライン速度はもう少し上げた方が効率的に生産できるが、この部分の形状を変えないと上手く制御できない」といった問題を、機械と電気の設計者が気軽に話し合うことができ、より優れた設備を設計することが可能となります。
これまでに蓄積した技術やノウハウに加えて、アイデアを形にできる新技術を確立することで、新たな価値を持った設備を開発することができます。

(日本語) POINT02

(日本語) 多能工

(日本語) 一人で複数のスキルを持つ人材、多能工を育てることで業の効率化を図ることができます。
専門が設計である場合なら、多くの知識を持つことでより優れた設計ができると考えています。
例えば、当社の設計者は納品の時に客先での据え付けにも立ち会うことができる技術や知識を身に付けています。
以前は電気配線を外部委託しておりコストがかかっていましたが、多能工の育成を目指すようになってからは、当社の設計者が作業者に直接指示を出すことができるようになり、コスト削減に成功しました。
今後も、専門分野のスキルアップはもちろん、更に広い範囲で技術や知識を修得できるような教育を進めていきます。

(日本語) POINT03

(日本語) 環境への配慮

(日本語) 現在、自動車生産設備部門はハイブリッドカーに関する開発が主流となりつつあり、その心臓となるモーター関係の自動搬送設備などを手がけています。また、建材生産設備部門は二酸化炭素削減への貢献、輸入木材に頼らない建材生産ができるように、国産木材の活用に対応した加工設備や搬送設備などの開発を手がけています。
今後、メーカーの生産能力を向上させる設備や、二酸化炭素削減など環境対策、ひいては社会に貢献できる設備など、これまでにないアイデアを製品として開発していかなければならないと考えています。